ブリアンを使っても虫歯になった - ブリアンのリアルな体験談

ブリアンのリアルな体験談 > ブリアンを使っても虫歯になった

ブリアンを使っても虫歯になった

毎日歯磨きをして、さらにしっかり仕上げ磨きをしているのにも関わらず虫歯ができてしまうようなお子さんには、ブリアンの歯磨き粉は試す価値があると思われます。
ブリアンの歯磨き粉はお口の中にある、虫歯菌を除去してくれる効果があるので、既に虫歯ができ虫歯菌がお口の中にあるという口内環境の方には効果が分かりやすいと言えます。
ただ、ブリアンを試してみても虫歯になったという例は確かにあり、その原因は間違った使用法であったり、体質や生活環境が影響してしまったりと、原因は様々考えられます。
根本的なところでブリアンの性質を最大限に活かせていない状態だと、いくらブリアンの歯磨き粉で一生懸命歯を磨いても意味が無くなってしまうのです。

ブリアンは高温多湿の保管状態だと「BLIS M18」が死滅して効果が得られなくなってしまいます。
以前のブリアンの歯磨き粉は容器に入っていたので保管が難しかったのですが、現在は1日単位で使えるように個包装になりましたので、以前のタイプを使用して効果を感じられなかった方には、現在のものを今一度試してみる事もおすすめします。

1か月間使用してみたけれど、やっぱり虫歯になってしまったので使用を止めたという方は、長く続けてみる事をおすすめします。
ブリアンは1ヶ月程度で結果が出るような即効性を期待できるような歯磨き粉では無く、長く使い続ける事によって効果の実感ができる商品です。

一般的に販売されている歯磨き粉やフッ素配合されている歯磨き粉、マウスウォッシュ系の商品などと併用すると効果が感じられなくなります。
ブリアンの商品は高いので夜の1回だけ使って、あとは普通の歯磨き粉で…といった使い方をすると意味が無くなってしまうので注意が必要です。